エルシイの名前はひらめきからできたもの。

【昼活、朝活、企業研修講師のエルシイです】

 

自分の仕事を始めるにあたり、本名の他に所謂「屋号」を考えて、それをロゴとして作り、

それをみんなにまず覚えてもらおう。と作ったのがこのLCのロゴです。

 

「エルシイ」の頭文字のLとCを組み合わせてデザインしてもらいました。
何故、エルシイにしたのか?
ひらめきなんです。(笑)

元々は「スッキリ生きる」を英訳したらどうなるのかな?と考えてていて、Live clear ではどうかな?と思いつきました。

すると、偶然にも Life care や、Love colorなど、
全てLとCの頭文字でした。

全てをまとめて、LC エルシイ と名前を決めたのです。

人生をシンプルにスッキリと生きて、美しく人生を締めくくるためのお手伝いをしていきたいと思います。
具体的には、片付けや生前整理のアドバイス。
あるいは、子ども世代へどのように遺産を残していくか?のアドバイス。

人生の最後のQOLを充実させる為の介護やホーム入所に向けてのご相談。
お子様から子々孫々と歴史をつないでいくためご本人のパートナーを探すご相談。
他にも、子育てに役立つカラーセラピーでのセッションや適職や天職を見つけたい。とかどのタイミングで結婚や転職、起業したら良いか?

など迷った時のご相談などをしていきたいと思っています。
カラーセラピーや数秘&カラーはツールの1つとして、お役に立てたら嬉しいです。

 

片付けのハウツー本は役に立ちません!私が伝えたい整理整頓の極意とは

数年前、私の両 親 が住 み替 えをすることになりました。
父 90 歳 、母 81 歳 の夏 でした。
暮 らしていた110㎡、4LDK のマンションから2DK プラス S(納 戸 )の賃 貸 マンションへの住 み替 えでした。

私 の姉 一 家 の近 くへ引 っ越 すのが目 的 でしたが、広 いマンシ ョンは父 の保 有 だとは言 え、毎 月 の管 理 費 と固 定 資 産 税 も 考 えると 5 万円弱 /月 かかる計 算 です。
それならば、あと何 万 かプラスして賃 貸 住 宅 に住 んだ方 が、 メンテナンスなどの不 安 も無 くなる。
メリットを考 えての引 っ越 しでした。
私 が引 っ越 し業 者 を選 定 し、不 用 品 回 収 業 者 も交 渉 して決 め、マンションを明 け渡 せる状 態 間 にまで全 てをやりました。 持 っていたマンションの売 却 交 渉 や新 しく住 む賃 貸 マンション選 びと契 約 、引 っ越 しの受 け入 れは姉がやってくれました。
高 齢 の両 親 だけでは到 底 実 現 できなかったであろう、生 活 を 縮 小 してシンプルに暮 らすための引 っ越 し。
それを終 えて、私 は人 生 の後 半 をシンプルに生 きる事 や、物
を減 らしてすっきり生 きる事 の難 しさも痛 感 したのです。
どうやったら、老 後 の生 活 をシンプルにできるだろう?
小 さな家 でもすっきりと片 付 いた暮 らしをする為 にはどんな準
備 が必 要 だろう?
と考 えるようになったのです。


そして、片 付 け方 や物 の減 らし方 を学 びました。生 前 整 理 や遺 品 整 理 の実 態 も学 びました。財 産 をどう子 供世 代 に引 き継 ぐのが理 想 なのか?も勉 強 しました。
整 理 収 納 や片 付 けを学 べば学 ぶほど疑 問 もわきました。
すべての人 が物 を捨 て、少 ない物 を上 手 に片 づける。という方 法 が向 いているわけではないことも分 かりました。
一 つの理 論 では対 応 が難 しい事 もある。結 局 高 齢 者 は自 力ではその理 論 を実 践 できないことも知 りました。
あるプロの片 付 け講 師 曰 く、「私は高 齢 者 の片 付 けの仕 事 は受 けませんよ。だって、高 齢 者 は物 を捨 てられないから!」
という一 言 を聞 いて、愕 然 としたものです。
だったら、私 は誰 にでもできる方法で、ライフスタイルを変 える ところから考 えてみよう。と思 いました。
私の考え方は一般の片 付 け本 の理 論 に反 しているように見 えるかも知れません。
ただ、誰 もが今 持 っている「多 くの物 」を自分で「買 った」のだ
という事 実 があります。そこがポイントなのです。

続きはまた今度。