母のありがたさ

母の日が近づくと、今年も二人の母が元気でいてくれるのに幸せを感じます。

子供が生まれるまでの長い間、母の日は私にとっては、親に感謝する日でした。そしてプレゼント探しに時間をかけて、いつも苦労していました。

私自身が親となってからは、変わったことがあります。
もちろん子供達が幼稚園の頃なら手作りのカードや似顔絵のプレゼントをもらえるようになりました。
それはお金では買えない宝物です。

でも一番の変化は
「母親って本当はプレゼントなんてどうでも良いのよね」と分かったことです😁

子供達が元気で通学できている事や、友達と楽しそうにしている事や、普段の何気ない毎日が全てプレゼントであり、親にとっては宝物だと分かったんですよね。
もちろんプレゼントは嬉しいけれどね。

義母には、ちょっと気を遣って、探す時間をたっぷり使った「プレゼント」を贈っていますが、私の実家の母にはプレゼントはもう贈りません。(たまに商品券をプレゼントします。一番喜んでくれるし)

その代わり毎月ご飯やケーキを持って会いに行き、一緒に過ごす時間をたくさん取るようにしています。

「楽しかったわ」
「気分が晴れたわ」
と母が言ってくれるのが私も嬉しくて😊
互いの大切な時間を一緒に過ごす事は今しかできませんからね。

私の祖母が亡くなった時、「親は宝だからね…」と言った母の言葉、忘れません😢
生きていてくれるのが、どれほどありがたいことか…。

母の日が、カーネーションかプレゼントを宅配便で送って完了!
という行事になっていたら少し悲しいかな…。

孝行したい時には…とならないうちに、皆さんもご両親がお元気なら、たまには顔を見に行きませんか?

さて、今日は私は父と母に会いに行く日です。

ついでに、母から頼まれた納戸の片付けも手伝います。

和服が沢山桐の箪笥にあるのです。一度も袖を通していない物もあるので、

仕分けて私が引き継ごうと思っています。

投稿者:

wpmaster

終活ライフケアプランナーであり、カラーセラピスト。 人生後半を物を減らしながらすっきりと生きるライフスタイルを提唱。 生前整理、遺品整理の要らない人生をアドバイスいたします。