気付く力が大切。人に生まれながら備えられた五感を思い出そう

気づく力

私はガーデニングが好きで子供の頃から庭やベランダで花を育てていました。
バラやゼラニウムがとくに大好きです。

よく、「花の苗を買ってきて植えるんだけど、すぐ枯らしちゃう」
という人がいます。
多分水やりを忘れたり、虫が発生したり。
育てているつもりで「見ていない」し「気づいていない」のです。

人間やペットと違って花や木はしゃべったり、吠えたりしません。
「水をちょうだい!」とか
「そろそろ肥料くれ〜!」なんて
言わないですから、ついついネグレクト状態になってしまうのでしょう。

でも、これが動物や、子どもなら大問題!!
植物なら「枯れた」で済んでしまうけれど…。

私に言わせれば、枯れた花の鉢植えを置いておくのは、死体をそのまま置いて置くのと同じこと。
だから押し花やドライフラワーもあんまり好きではありません。
特に色が褪せて茶色になったものはね。

風水的にも良くないそうですよ。

花を育てる事やガーデニングは子供にも伝えたい事の1つです。
なぜなら、声なき声を聞く訓練になるから。

声が聞こえないなら、どうする?
五感全部を使って観察すれば、花が何を求めているのか分かるようになります。

そして、先を読む訓練にも。
種や球根を植えて、数ヶ月先の見事な開花を計画するのですからね。

気づく力は要するに観察力ということかも知れません。

人に対する「気づく力」はまた別の意味で仕事や家庭でとても重要だと思います。

例えば東京オリンピック招致の時に流行語ともなった例の言葉があります。

お・も・て・な・し…おもてなし(^人^)!

これは日本特有の言葉ですね。

接客業の研修などで教えられるのが、お客様への「気遣い」とか「気働き」

あるいはお客様のニーズを「先読みする」行動なわけです。

先日、お友達とホテルのカフェでお茶をしていた時に、西日がカフェに直接入って来ると…

ホテルの従業員がブラインドを降ろしてくれていました。
また少し時間が経ち、別方向から射してき始めると…またさりげなく、別のブラインドを降ろす。
訓練されていて、お客様に言われる前に行動する気配りができていました。
これは接客業のプロだから当たり前の行動ですよね。

ただし、私たちの普段の生活では客と従業員の関係よりも、友人・嫁姑・親戚などの方がよほど採点は厳しいわけで…(笑)
お金のやりとりが無い間柄では、わざとらしい「気働き」や「気遣い」は逆に鼻に付くかも知れません。
同僚の中でもやり過ぎると「スタンドプレー」と見なされかねませんね。
嫁ならこうしなければ…。
妻ならこうあるべき…。
素敵な人ならこう立ち振る舞う…。
モテる女はこうする。
などと誰かに聞いたり、教えられたりした事を一生懸命にやっても、

それはあくまでも「無理してる」「やらされている」と見えてしまいます。
私が理想とするのは自分の想像力を駆使して、相手が喜んだり助かったりする状態になるように、

ちょっとだけ手を貸すこと。相手が気付かないくらい自然に、そーっとです。

だから、人への気遣いや気配りではなくて、「人から気付かれない」能力かな?


それができると本当の意味で「気がきく」人になれると思うのです。

あれ?じゃ、気付く力じゃなくて、気付かれない力ですね。

投稿者:

wpmaster

終活ライフケアプランナーであり、カラーセラピスト。 人生後半を物を減らしながらすっきりと生きるライフスタイルを提唱。 生前整理、遺品整理の要らない人生をアドバイスいたします。