呼び方が大切です

以前も感じた事ですけれど、職場で女性をすぐ「ちゃん」づけで呼ぶ男性。

仕事ができる人とは思わないし、嫌だな。と思います。

企業でOLをしていた時は、同期同士では名前にちゃんを付けて呼び合っていましたが、当時私は20代。可愛かったんです(笑)
けれど、当時から私は仕事の時は原則「◯◯さん」と男女問わず、年下であろうとさんを付けて呼んでいました。
職場では責任ある仕事をする者同士ですからね。

プライベートでも、ボーイフレンドや恋人の事も必ず名前に「さん」を付けて呼んでいました。
大切な人で人格を尊敬しているよ。という気持ちを込めて。
もし私とお付き合いしていて呼び捨てにされてた!という方、それは人格を尊敬できなかったからかも(笑)

そして結婚して家族が増えてからは、夫の両親、兄弟の事は「お父様、お母様、お兄様」と呼んでいます。
義理の姉は私よりずっと若いので、「お姉様」ではなく、名前をさん付けで呼ばせてもらっています。

私が誰かを呼ぶ時は、そこに尊敬する気持ちや、親しき中にも礼節を大切にしたい気持ちが入っています。
なかなか「◯◯さん」を「◯◯ちゃん」と呼べないので、例えば友達の間で「マリちゃん」と呼ばれている人にもついつい「マリちゃんさん」と言ってしまう私…。
慣れるまで時間が必要なんです。

ましてや呼び捨てするのは必死(笑)
外国の方の名前でも「さん」とか「君」をつけてしまいます。

私に呼び捨てにされてる方、すごく貴重な存在ですけれど、居たかしら??

母のありがたさ

母の日が近づくと、今年も二人の母が元気でいてくれるのに幸せを感じます。

子供が生まれるまでの長い間、母の日は私にとっては、親に感謝する日でした。そしてプレゼント探しに時間をかけて、いつも苦労していました。

私自身が親となってからは、変わったことがあります。
もちろん子供達が幼稚園の頃なら手作りのカードや似顔絵のプレゼントをもらえるようになりました。
それはお金では買えない宝物です。

でも一番の変化は
「母親って本当はプレゼントなんてどうでも良いのよね」と分かったことです😁

子供達が元気で通学できている事や、友達と楽しそうにしている事や、普段の何気ない毎日が全てプレゼントであり、親にとっては宝物だと分かったんですよね。
もちろんプレゼントは嬉しいけれどね。

義母には、ちょっと気を遣って、探す時間をたっぷり使った「プレゼント」を贈っていますが、私の実家の母にはプレゼントはもう贈りません。(たまに商品券をプレゼントします。一番喜んでくれるし)

その代わり毎月ご飯やケーキを持って会いに行き、一緒に過ごす時間をたくさん取るようにしています。

「楽しかったわ」
「気分が晴れたわ」
と母が言ってくれるのが私も嬉しくて😊
互いの大切な時間を一緒に過ごす事は今しかできませんからね。

私の祖母が亡くなった時、「親は宝だからね…」と言った母の言葉、忘れません😢
生きていてくれるのが、どれほどありがたいことか…。

母の日が、カーネーションかプレゼントを宅配便で送って完了!
という行事になっていたら少し悲しいかな…。

孝行したい時には…とならないうちに、皆さんもご両親がお元気なら、たまには顔を見に行きませんか?

さて、今日は私は父と母に会いに行く日です。

ついでに、母から頼まれた納戸の片付けも手伝います。

和服が沢山桐の箪笥にあるのです。一度も袖を通していない物もあるので、

仕分けて私が引き継ごうと思っています。

気付く力が大切。人に生まれながら備えられた五感を思い出そう

気づく力

私はガーデニングが好きで子供の頃から庭やベランダで花を育てていました。
バラやゼラニウムがとくに大好きです。

よく、「花の苗を買ってきて植えるんだけど、すぐ枯らしちゃう」
という人がいます。
多分水やりを忘れたり、虫が発生したり。
育てているつもりで「見ていない」し「気づいていない」のです。

人間やペットと違って花や木はしゃべったり、吠えたりしません。
「水をちょうだい!」とか
「そろそろ肥料くれ〜!」なんて
言わないですから、ついついネグレクト状態になってしまうのでしょう。

でも、これが動物や、子どもなら大問題!!
植物なら「枯れた」で済んでしまうけれど…。

私に言わせれば、枯れた花の鉢植えを置いておくのは、死体をそのまま置いて置くのと同じこと。
だから押し花やドライフラワーもあんまり好きではありません。
特に色が褪せて茶色になったものはね。

風水的にも良くないそうですよ。

花を育てる事やガーデニングは子供にも伝えたい事の1つです。
なぜなら、声なき声を聞く訓練になるから。

声が聞こえないなら、どうする?
五感全部を使って観察すれば、花が何を求めているのか分かるようになります。

そして、先を読む訓練にも。
種や球根を植えて、数ヶ月先の見事な開花を計画するのですからね。

気づく力は要するに観察力ということかも知れません。

人に対する「気づく力」はまた別の意味で仕事や家庭でとても重要だと思います。

例えば東京オリンピック招致の時に流行語ともなった例の言葉があります。

お・も・て・な・し…おもてなし(^人^)!

これは日本特有の言葉ですね。

接客業の研修などで教えられるのが、お客様への「気遣い」とか「気働き」

あるいはお客様のニーズを「先読みする」行動なわけです。

先日、お友達とホテルのカフェでお茶をしていた時に、西日がカフェに直接入って来ると…

ホテルの従業員がブラインドを降ろしてくれていました。
また少し時間が経ち、別方向から射してき始めると…またさりげなく、別のブラインドを降ろす。
訓練されていて、お客様に言われる前に行動する気配りができていました。
これは接客業のプロだから当たり前の行動ですよね。

ただし、私たちの普段の生活では客と従業員の関係よりも、友人・嫁姑・親戚などの方がよほど採点は厳しいわけで…(笑)
お金のやりとりが無い間柄では、わざとらしい「気働き」や「気遣い」は逆に鼻に付くかも知れません。
同僚の中でもやり過ぎると「スタンドプレー」と見なされかねませんね。
嫁ならこうしなければ…。
妻ならこうあるべき…。
素敵な人ならこう立ち振る舞う…。
モテる女はこうする。
などと誰かに聞いたり、教えられたりした事を一生懸命にやっても、

それはあくまでも「無理してる」「やらされている」と見えてしまいます。
私が理想とするのは自分の想像力を駆使して、相手が喜んだり助かったりする状態になるように、

ちょっとだけ手を貸すこと。相手が気付かないくらい自然に、そーっとです。

だから、人への気遣いや気配りではなくて、「人から気付かれない」能力かな?


それができると本当の意味で「気がきく」人になれると思うのです。

あれ?じゃ、気付く力じゃなくて、気付かれない力ですね。

避けていませんか?赤ちゃんオーラ!浴びましょうよ

「子どもが欲しい!」

と切実に思っているご夫婦がイメージしている
家族像っどんな感じですか?
今まで夫婦だけの生活が長い場合…
子どもがいる家族のイメージを具体的に描けますか?
何となく可愛い赤ちゃんを間に夫婦仲良く…
こんな感じですか?
でもこれは、赤ちゃんが少し大きくなって、しかもとっても機嫌が良くて、
新米ママも疲れて居ない本当に平和な時の状況ですよね。
生まれて間もないあかちゃんは、夜中だって2~3時間おきにお腹がすくので授乳をしなくてはならないし、
当然オムツが濡れればまた泣くし・・・・・
夜中に泣くと、パパの方も寝不足になって仕事に行くのに寝坊してしまったり、色々と大変なのが事実ですね。
実際には、毎日こんな感じでママは頑張っているんですよね。パパだって最初は大変だと思います。
実際に赤ちゃんに妻を独占されて生まれたばかりの赤ちゃんに焼きもちを焼く父親だっているのです。
それなのにみんななぜ赤ちゃんを欲しがるんでしょう?
それはね、赤ちゃんの笑顔が見たいからなんです!
大変な事は多いけれど、機嫌が良い時に見せるあの「笑顔」が育児の疲れを吹き飛ばしてくれるんです。
あの可愛い声、小さな手、そして天使のスマイル、赤ちゃんを抱っこする時のあの柔らかさや、
匂いは本当に私たちを幸せな気持ちにしてくれるものです。
核家族が増えた昨今、昔の様に弟や妹が生まれて世話をしたり、
結婚する前に赤ちゃんと接する経験をしている人は少ないでしょう。
私は、是非子供を授かる前に赤ちゃんの実態を知って欲しいと思うのです。
世話などが大変だという事と、それを上回る程の赤ちゃんの可愛さを体感して欲しいです。
赤ちゃんは生まれて直ぐはまだ一人で歩くことや、自分の要求を言葉で話すこともできません。
ただ、泣いて知らせるだけです。
すぐお腹がすいて、ミルクを飲むと又すぐオムツを交換したり…
でも母親はどんなに眠くても、「クスン」と子供が泣いたら、目が覚めるのです。母性本能なんですね。
体力の限界、睡眠不足、色々あるけれど、辛い事は全て赤ちゃんの笑顔を見ると忘れられるものです。
なかなか赤ちゃんが身近にいない場合なら、教育テレビの「いないいないばあっ」を見たり、
赤ちゃんが登場する番組や映画を見るのも楽しいですよ。
本能のままに動く赤ちゃんの実態が見ていてとても面白いです。
言う事を聞かないし、行きたい方に行っちゃうし、本能のまま行動する…そこが赤ちゃんなんですけれどね。
※Webからお借りしました
我が家に赤ちゃんがやってくる・・・・
その後の生活を具体的に想像する為にも、機会があれば、是非沢山赤ちゃんのオーラを浴びて
欲しいです。

 

お彼岸にもお墓参りして来ました。拭き清めて花を供えるのは家でも同じですね

お彼岸の中日、家族で墓参りに行って来ました。

 

年末には一年間の報告と感謝にやはり毎年墓参りにいくのです。

春のお彼岸は、やはり人も多くてお墓にも色とりどりの花が供えられています。

昔と違い、仏花もフリージアや蘭、カーネーションなど鮮やかな花のアレンジです。

お墓をきれいに拭き浄めてからお花とお線香をあげて、帰ってきました。

きれいに拭き浄めて、お花を活けて・・・・これは我が家でも毎日同じことを

してることに気づきます。玄関は特に雑巾で大理石の叩きを拭きます。

そして季節の花がベランダで咲いていればそれを飾ったりするのです。

 

ご先祖様がいるあの世も私たちの住む今の世界も、きれいで整えられていると

気持ちが良いというのは同じだと思います。

 

お彼岸の中日の今日は春分の日、西洋占星術では一年の始まりを意味する日だそうです。

これからの季節、心新たに何か始めるのに良い時でもありますね。

手始めにお部屋の片付けなどしてみてはいかがでしょうか?

 

毎日の生活をシンプルに、そして片付けながら生きる事であなたの後半人生が

変わります。そのノウハウを知りたい方は是非エルシイとお話してみませんか?