アーカイブ

気付く力が大切。人に生まれながら備えられた五感を思い出そう

気づく力

私はガーデニングが好きで子供の頃から庭やベランダで花を育てていました。
バラやゼラニウムがとくに大好きです。

よく、「花の苗を買ってきて植えるんだけど、すぐ枯らしちゃう」
という人がいます。
多分水やりを忘れたり、虫が発生したり。
育てているつもりで「見ていない」し「気づいていない」のです。

人間やペットと違って花や木はしゃべったり、吠えたりしません。
「水をちょうだい!」とか
「そろそろ肥料くれ〜!」なんて
言わないですから、ついついネグレクト状態になってしまうのでしょう。

でも、これが動物や、子どもなら大問題!!
植物なら「枯れた」で済んでしまうけれど…。

私に言わせれば、枯れた花の鉢植えを置いておくのは、死体をそのまま置いて置くのと同じこと。
だから押し花やドライフラワーもあんまり好きではありません。
特に色が褪せて茶色になったものはね。

風水的にも良くないそうですよ。

花を育てる事やガーデニングは子供にも伝えたい事の1つです。
なぜなら、声なき声を聞く訓練になるから。

声が聞こえないなら、どうする?
五感全部を使って観察すれば、花が何を求めているのか分かるようになります。

そして、先を読む訓練にも。
種や球根を植えて、数ヶ月先の見事な開花を計画するのですからね。

気づく力は要するに観察力ということかも知れません。

人に対する「気づく力」はまた別の意味で仕事や家庭でとても重要だと思います。

例えば東京オリンピック招致の時に流行語ともなった例の言葉があります。

お・も・て・な・し…おもてなし(^人^)!

これは日本特有の言葉ですね。

接客業の研修などで教えられるのが、お客様への「気遣い」とか「気働き」

あるいはお客様のニーズを「先読みする」行動なわけです。

先日、お友達とホテルのカフェでお茶をしていた時に、西日がカフェに直接入って来ると…

ホテルの従業員がブラインドを降ろしてくれていました。
また少し時間が経ち、別方向から射してき始めると…またさりげなく、別のブラインドを降ろす。
訓練されていて、お客様に言われる前に行動する気配りができていました。
これは接客業のプロだから当たり前の行動ですよね。

ただし、私たちの普段の生活では客と従業員の関係よりも、友人・嫁姑・親戚などの方がよほど採点は厳しいわけで…(笑)
お金のやりとりが無い間柄では、わざとらしい「気働き」や「気遣い」は逆に鼻に付くかも知れません。
同僚の中でもやり過ぎると「スタンドプレー」と見なされかねませんね。
嫁ならこうしなければ…。
妻ならこうあるべき…。
素敵な人ならこう立ち振る舞う…。
モテる女はこうする。
などと誰かに聞いたり、教えられたりした事を一生懸命にやっても、

それはあくまでも「無理してる」「やらされている」と見えてしまいます。
私が理想とするのは自分の想像力を駆使して、相手が喜んだり助かったりする状態になるように、

ちょっとだけ手を貸すこと。相手が気付かないくらい自然に、そーっとです。

だから、人への気遣いや気配りではなくて、「人から気付かれない」能力かな?


それができると本当の意味で「気がきく」人になれると思うのです。

あれ?じゃ、気付く力じゃなくて、気付かれない力ですね。

新人教育、社内教育、昼活の講師をお探しなら、30年に亘る経験をお話ししましょう

先日、横浜市職員の皆さんの昼活で「今から始める!あなたに役立つ片付け・終活」と題して、お話しさせていただきました。

忙しいお仕事の合間、お昼の貴重な時間に、皆さん熱心に聞いてくださいました。

2016年度から横浜市「街の先生」に登録させていただいています。今回はそのお膝元の横浜市職員の方の活動に呼んでいただきました。

勿論一般の企業や昼活のグループ、新入社員研修向けには、例えば「デスク周りの整理整頓」や「資料作成と保存の極意」「5Sと改善」等、対象となる方に合わせてお話いたしますので是非お問合せ下さい。

有名な講師の話を聞くだけで終わる研修?それとも実際に現場で培ったノウハウを知って、直ぐに仕事に役立てる研修か?

まずは講座や講演会の目的をはっきりと決めましょう。本当に役立つのはどんな話なのか?知りたい方はまずご相談ください。

 

#昼活 #ビジネスウーマン #勉強会 #朝活 #終活 #断捨離 #横浜市 #中区役所

子どもは親の鏡ですね。片付け上手は子育て上手!!

赤ちゃんの笑顔ってみんなが癒されますよね💕

どうして赤ちゃんはあんなにニコニコしてくれるのでしょう?

それは赤ちゃんを見つめている側がニコニコしているからかも知れません。
そう、赤ちゃんや子どもって相手の気持ちをストレートに受け取るんですね。
だから、「泣かれちゃうかも」と不安で自信無さげに赤ちゃんを抱っこすると、
やっぱり泣かれちゃうんです(・Д・)
子どもは大人を写す鏡ですね〜〜。
まずは、大人が自信を持つこと。
親が自分を肯定して人生を生きること。
それがそのまま子育てにも、社会全体にも影響してくるのではないかな?と思います。
お部屋の片付けも同じことですね。
お母さんが働きやすいように台所や洗面所、そして赤ちゃんのお世話をするためのオムツやお尻ふきや
下着などなどの道具をきちんと整理整頓できていると、お世話のストレスもぐっと減るでしょう。
お子さんが成長すれば、ますます洋服や道具やおもちゃなど「物」は増えていきます。
子どもの成長期には最小限の数に限定しましょう。あれもこれもと種類を増やすより、
子どもがお気に入りの着やすい服を少数持っていれば十分なのです。
洋服はどんどんリサイクルに出したり年齢の近い親戚や友人のお子さんに譲って、
いつも必要な物だけを手元に置くようにしたいですね。
子どもが自分で整理整頓できるように、まずはお母さんお父さんが片づけやすい工夫をして
親がお手本になりましょう。
片付け上手は子育て上手なんです!
 子育てにも役立つ片付け方など、少人数のお茶会やランチ会で学んでみませんか?
お友達も誘ってお申し込みください。
ご予約お待ちしております
体験した方から変わっています

 

冷蔵庫を片付ける前に、◯◯◯リストを作るのがエルシイ式

フードロス社会問題になって久しいですね。
日本の食品ロスはなかなか改善されません。

平成28年6月の農林水産省の食品ロスに関する統計では、

各家庭の廃棄ごみのうち食べ残しや買い過ぎによる可食ごみは302万トン

あったとのことです(平成25年度の推計)

これに事業系の可食ゴミ330万トンを足すと実に632万トンが捨てられています。

これは日本人が一日ご飯1杯ずつ捨てていることになり、

世界の食料援助の量320万トンを大きく上回っています。

明らかな「買い過ぎ」と企業の「作り過ぎ」や安く大量に作れば売れる

という過去の経済神話がまだ生き残っているという事でしょう。

冷蔵庫の中の残り物で夕飯を作って「食品ロス」を防げたと自己満足する前に、

自分の買い物の仕方を改善しなくてはなりません。

冷蔵庫さえ片付ければ良いという事ではありません。                                   

色々と買い過ぎた物を冷蔵庫に置いておくのではなく、その日に使いきれる量の食品を買う。                  

という原則に立ち返るべきでしょう。

あちこちにスーパーやコンビニがある時代。                                        

その日のうちにAmazonなどが配達してくれる時代。                                     

働く女性はその日のメニューに必要な材料をセットで配達して                                

くれるサービスも利用している人が多い時代です。                                      

自分の家にわざわざ長期間保存するための冷蔵庫は、

本来はもう必要が無い物なのかも知れませんね。

とは言え、まだまだ冷蔵庫はどの家庭でも必要としているでしょう。                             

そこで、まずは買い物に行く前に冷蔵庫や食品ストックの棚をチェックして、                         

何が有って何が無いのかを把握しておく事や、最後の在庫を使った時点で                            

買い物リストに書き込んでおくのを習慣にすることが必要なのです。                              

これはまさにトヨタ式のカンバンシステムと同じ在庫管理法です。

例えば主食であるお米は各家庭によって、大体1か月どれくらい食べているのかが

分かり安い食品です。お弁当を作る家庭などは毎月何キロ買うか決まっているでしょう。

お米を買うことをある生協では「予約して買う」という方法に変えています。

予め年間何キロ買うかを決めて予約します。(勿論多く買う月もあってOK)

それを元に生協は組合員全員の予約量をまとめて契約農家に来年の買う量を予約するのです。

農家は予めある程度予約量が分かるので、作り過ぎの心配や足りなくなる心配も無くなります。

過去の全国的な米の不作の時にも、この生協は米を確保できたそうです。

逆に作り過ぎて販売価格を下げる必要もなく、海外の米との競合も防ぐことができるのです。

他の野菜なども予約販売を行ったりして、農家との信頼関係を作っています。

色々な食品についても利益追求のための大量生産を変えていく必要があるのではないでしょうか?

それは一人一人の責任でもあり、企業や小売スーパーも考え直す時が来ていると思うのです。

 

昼活の講師としてお話させていただきました。横浜市役所

1月下旬に横浜市職員の皆さんの昼活で「今から始める!あなたに役立つ片付け・終活」と題して、お話しさせていただきました。

忙しいお仕事の合間、お昼の貴重な時間に、皆さん熱心に聞いてくださいました。

なかなか進まない片付け、人生の後半の物を減らす暮らし方など、役立てて頂ければ嬉しいです。

2016年度から横浜市「街の先生」に登録させていただいています。今回はそのお膝元の横浜市職員の方の活動に呼んでいただきました。

勿論一般の企業や昼活のグループ、新入社員研修の一環として、対象となる方に合わせてお話いたしますので是非お問合せ下さい。

有名な講師の話を聞くだけで終わるのか?それとも実際に現場で培ったノウハウを知って、直ぐに仕事に役立てるのか?まずは講座や講演会の目的をはっきりと決めましょう。

何が本当に役立つのか?知りたい方はまずご相談ください。

#昼活 #ビジネスウーマン  #勉強会 #朝活 #終活 #断捨離 #横浜市  #中区役所