アーカイブ

小林麻耶さんもプレゼンターに!数秘&カラー体験を!予約はお早目に

数秘&カラーのラッキーカラーセラピストエルシイです。
私は見逃してしまいましたが、小林麻耶さんが数秘&カラーをテレビでまた紹介して下さったようですね。
ご自身でも上級プレゼンターの講座を受講されたとか。
{37F94A94-8806-4EBB-96D8-F956A93051B7}

エルシイの数秘&カラーセッションって?

お子様の「誕生日」と「名前」を元に数秘で数とカラーを導きます。

そこから、お子様の生まれ持った資質や特異な分野や子供の頃に必要な環境などをお伝えいたします。

【イベントでのセッション】

数秘&カラーセッションスマイルカフェ特別価格

フルセッション   (30分)       4000円

キラキラのスワロフスキーのチャーム付きです。

7月予定

スマイルカフェ自由が丘

7月25日10時〜17時

自由が丘オフカフェ2階

※予約受付中です

10:00~      ◯

11:00~    ◯

12:00~    ◯

13:00~    ◯

14:00~    ◯

15:00~    ◯

゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚☆+゚☆+.゚

※イベントの日程がご都合の悪い場合には、完全予約制でサロンにてセッションをお受け下さい。

【エルシイサロンでのセッション及び講座】

ご予約のステップ

 

①ご希望の日にちと時間帯(2週間以上先の日時で第2希望まで)をお知らせいただき、折り返し可能な日時をご連絡いたします。

例: ◯月◯日水曜日午前中、第2希望 ◯月◯日土曜日午後希望

②場所はエルシイサロンとなります。最寄りの元町・中華街駅まで送迎いたします。

③ゆっくりとお過ごしいただく為に、お茶・お菓子付きとなります。お時間に余裕を持ってご予約ください。

④予約は1日1組とさせていただきます。

また、男性のみのご予約はお受けできません。ご了承下さい。

〈メニュー〉

数秘&カラーフルセッション

(生まれてからの人生全てを肯定し、なりたい未来を描くセッション)

120分             7000円  (お茶・お菓子付き)

【数秘&カラープレゼンター 資格講座】

★初めての方でもやさしい数秘

Numerology&Color ベーシックコース ~ BIRTH 編

ベーシックコースでは、主に生年月日から読み解く方法を色とコラボしながら学びます。
〈内容〉
・コースコンセプト
・数の歴史と意味
・ライフパス
・ピタゴラスの矢
・パーソナルイヤー
・ピナクルナ ンバー
・リーディング実習
・カラーヒストリー 他


〈受講料〉22,000円 (修了証込)
〈教材費〉1,500円(テキスト&ワークシート)
〈受講時間〉1日全6時間
❤修了後は数秘&カラージュニアプレゼンターとして活動が可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Numerology&Color アドバンスコース ~ NAME 編 ~

アドバンスコースではアルファベット(名前)と数の対応から読みときを深めます。
生年月日と名前からトータルな読み方を完成します。
〈内容〉
・ライフパス
・ハートナンバー
・ペルソナナンバー
・表現&使命ナンバー
・ネームグリッド
・ピタゴラスの矢2
・トータルリーディング実習
〈受講料〉26,000円(修了証込)
〈教材費〉3,500円
(テキスト&ワークシート&ヌメロロジー&カラーヒーリングカード)

アドバンスコースを受講の方はセッションの時に役立つ「メッセージブック」2600円をお買い求めになれます。

講座お申し込みの際に、お申し込みください。
〈受講時間〉1 日 全6時間

★受講資格★
ベーシックコース修了生対象コースです。

❤修了後は、数秘&カラープレゼンターとして活動が可能です。

不明な点はお問合せください。

 

子育てのヒントも数秘&カラーで!スマイルカフェ自由が丘

子育て論には色々あって、最近は「褒める子育て」が大流行です。
でも、褒めるだけで全く叱らない方が良いのでしょうか?
人間って慣れる生き物だから、いつも褒めてもらっていると、ありがたみは無くなります。
それに、いつも褒められていると、褒められなかったり、叱られた時にどうしたらいいのかが分からなくなってしまいます。

「一つ叱って三つ褒めよ」とは昔からよく言われる言葉です。
私は、一つ叱ったらその後ちゃんと一つ褒めるようにしています。

子供が何か叱られるような事をした場合・・・叱って子供が謝っているのにさらに叱る。
これはダメですよね。
叱った後に、子供が謝ったり、反省したり、悪いところを直したら・・・・その時は大げさなくらいに褒めればよいと思っています。

例えば音楽でも、1枚のCDの最初から最後まで楽しくて明るい曲では飽きてしまいます。
長調の曲もあれば物悲しい短調の曲もあり、バラエティーがあるからこそ、それぞれの曲のメロディーが引き立つものです。

子育てもメリハリが大切だと思います。
叱るけれど、そこには親としての愛情が根底にある。
そして子供が謝ってきたら、思い切り褒めて、ハグする。
そうすると、子供は「あ~自分を叱ってくれたけれど、許して、認めてくれた」という充足感が得られるんです。安心し、また次も正直に親に話そうと思うのです。
それが、褒める子育ての本当の考え方ではないでしょうか?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-

エルシイの数秘&カラーセッションって?

お子様の「誕生日」と「名前」を元に数秘で数とカラーを導きます。
そこから、お子様の生まれ持った資質や特異な分野や子供の頃に必要な環境などをお伝えいたします。

スマイルカフェ特別価格
フルセッション (30分) 4000円

お待たせしないでゆったりとお受けいただくにはご予約の上、個別セッションをどうぞ。
5月23日(火) スマイルカフェ自由が丘
10:00~17:00  @自由が丘オフカフェ

ご予約受付中

カラーセラピーをまだまだ勉強します!

私がずっと学んできたことに
色彩心理学、カラーセラピーがあります。
去年から「TCカラーシステム」と「数秘&カラー」を学んできました。
まだまだ充分とは言えないので、学び続けるつもりです。

さて、数秘&カラーに対して、数秘学=占い と考えている方も多く、
「何だか怪しいのでは?」と言われます(笑)

数秘は、Numerology。つまり数字の学問ということですね。
ピタゴラスから始まり、現代に入っても色々な数秘学があります。

言葉のエネルギーが「言霊」だとすると、数にもそれぞれが持つエネルギーがある。
ということなのかな?と私は理解しています。

何千年にもわたる人間の「経験」から得た「知恵」が凝縮されています。
IT関係のお仕事をしていて、占いやスピリチュアル系は一切信じないと言う方も数秘学の論理性や統計的な事実には納得していました。

「数秘&カラー」は数と色の両方の良いところをコラボさせたものです。
そして、導きだすメッセージや言葉は全てポジティブなものです。
ビュッフェやバイキングの様に、自分の気に入った言葉やメッセージを自分で選び取る方式です。
押し付けではなくて、自分で受け取ってもらう所も私は良いと思っています。

何よりも大事だと思うのは、数秘&カラーなどのカラーセラピーはあくまでも、自分を知る為のツールだという事です。
結果に振り回される必要はないのです。

知って、その後どう行動して行くか?
どう自分の毎日の生活に活かしていくのか?
そこが大切ですよね!

「数秘&カラー」のセッションは何度も受ける事が可能です。
何度も受けるとポジティブな受け止め方をする「癖」がつきます。
それを、日々の生活に活かす事。それもあなた次第ということですね。

数秘&カラーにご興味がある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

呼び方が大切です

以前も感じた事ですけれど、職場で女性をすぐ「ちゃん」づけで呼ぶ男性。

仕事ができる人とは思わないし、嫌だな。と思います。

企業でOLをしていた時は、同期同士では名前にちゃんを付けて呼び合っていましたが、当時私は20代。可愛かったんです(笑)
けれど、当時から私は仕事の時は原則「◯◯さん」と男女問わず、年下であろうとさんを付けて呼んでいました。
職場では責任ある仕事をする者同士ですからね。

プライベートでも、ボーイフレンドや恋人の事も必ず名前に「さん」を付けて呼んでいました。
大切な人で人格を尊敬しているよ。という気持ちを込めて。
もし私とお付き合いしていて呼び捨てにされてた!という方、それは人格を尊敬できなかったからかも(笑)

そして結婚して家族が増えてからは、夫の両親、兄弟の事は「お父様、お母様、お兄様」と呼んでいます。
義理の姉は私よりずっと若いので、「お姉様」ではなく、名前をさん付けで呼ばせてもらっています。

私が誰かを呼ぶ時は、そこに尊敬する気持ちや、親しき中にも礼節を大切にしたい気持ちが入っています。
なかなか「◯◯さん」を「◯◯ちゃん」と呼べないので、例えば友達の間で「マリちゃん」と呼ばれている人にもついつい「マリちゃんさん」と言ってしまう私…。
慣れるまで時間が必要なんです。

ましてや呼び捨てするのは必死(笑)
外国の方の名前でも「さん」とか「君」をつけてしまいます。

私に呼び捨てにされてる方、すごく貴重な存在ですけれど、居たかしら??

気付く力が大切。人に生まれながら備えられた五感を思い出そう

気づく力

私はガーデニングが好きで子供の頃から庭やベランダで花を育てていました。
バラやゼラニウムがとくに大好きです。

よく、「花の苗を買ってきて植えるんだけど、すぐ枯らしちゃう」
という人がいます。
多分水やりを忘れたり、虫が発生したり。
育てているつもりで「見ていない」し「気づいていない」のです。

人間やペットと違って花や木はしゃべったり、吠えたりしません。
「水をちょうだい!」とか
「そろそろ肥料くれ〜!」なんて
言わないですから、ついついネグレクト状態になってしまうのでしょう。

でも、これが動物や、子どもなら大問題!!
植物なら「枯れた」で済んでしまうけれど…。

私に言わせれば、枯れた花の鉢植えを置いておくのは、死体をそのまま置いて置くのと同じこと。
だから押し花やドライフラワーもあんまり好きではありません。
特に色が褪せて茶色になったものはね。

風水的にも良くないそうですよ。

花を育てる事やガーデニングは子供にも伝えたい事の1つです。
なぜなら、声なき声を聞く訓練になるから。

声が聞こえないなら、どうする?
五感全部を使って観察すれば、花が何を求めているのか分かるようになります。

そして、先を読む訓練にも。
種や球根を植えて、数ヶ月先の見事な開花を計画するのですからね。

気づく力は要するに観察力ということかも知れません。

人に対する「気づく力」はまた別の意味で仕事や家庭でとても重要だと思います。

例えば東京オリンピック招致の時に流行語ともなった例の言葉があります。

お・も・て・な・し…おもてなし(^人^)!

これは日本特有の言葉ですね。

接客業の研修などで教えられるのが、お客様への「気遣い」とか「気働き」

あるいはお客様のニーズを「先読みする」行動なわけです。

先日、お友達とホテルのカフェでお茶をしていた時に、西日がカフェに直接入って来ると…

ホテルの従業員がブラインドを降ろしてくれていました。
また少し時間が経ち、別方向から射してき始めると…またさりげなく、別のブラインドを降ろす。
訓練されていて、お客様に言われる前に行動する気配りができていました。
これは接客業のプロだから当たり前の行動ですよね。

ただし、私たちの普段の生活では客と従業員の関係よりも、友人・嫁姑・親戚などの方がよほど採点は厳しいわけで…(笑)
お金のやりとりが無い間柄では、わざとらしい「気働き」や「気遣い」は逆に鼻に付くかも知れません。
同僚の中でもやり過ぎると「スタンドプレー」と見なされかねませんね。
嫁ならこうしなければ…。
妻ならこうあるべき…。
素敵な人ならこう立ち振る舞う…。
モテる女はこうする。
などと誰かに聞いたり、教えられたりした事を一生懸命にやっても、

それはあくまでも「無理してる」「やらされている」と見えてしまいます。
私が理想とするのは自分の想像力を駆使して、相手が喜んだり助かったりする状態になるように、

ちょっとだけ手を貸すこと。相手が気付かないくらい自然に、そーっとです。

だから、人への気遣いや気配りではなくて、「人から気付かれない」能力かな?


それができると本当の意味で「気がきく」人になれると思うのです。

あれ?じゃ、気付く力じゃなくて、気付かれない力ですね。