気付く力が大切。人に生まれながら備えられた五感を思い出そう

気づく力

私はガーデニングが好きで子供の頃から庭やベランダで花を育てていました。
バラやゼラニウムがとくに大好きです。

よく、「花の苗を買ってきて植えるんだけど、すぐ枯らしちゃう」
という人がいます。
多分水やりを忘れたり、虫が発生したり。
育てているつもりで「見ていない」し「気づいていない」のです。

人間やペットと違って花や木はしゃべったり、吠えたりしません。
「水をちょうだい!」とか
「そろそろ肥料くれ〜!」なんて
言わないですから、ついついネグレクト状態になってしまうのでしょう。

でも、これが動物や、子どもなら大問題!!
植物なら「枯れた」で済んでしまうけれど…。

私に言わせれば、枯れた花の鉢植えを置いておくのは、死体をそのまま置いて置くのと同じこと。
だから押し花やドライフラワーもあんまり好きではありません。
特に色が褪せて茶色になったものはね。

風水的にも良くないそうですよ。

花を育てる事やガーデニングは子供にも伝えたい事の1つです。
なぜなら、声なき声を聞く訓練になるから。

声が聞こえないなら、どうする?
五感全部を使って観察すれば、花が何を求めているのか分かるようになります。

そして、先を読む訓練にも。
種や球根を植えて、数ヶ月先の見事な開花を計画するのですからね。

気づく力は要するに観察力ということかも知れません。

人に対する「気づく力」はまた別の意味で仕事や家庭でとても重要だと思います。

例えば東京オリンピック招致の時に流行語ともなった例の言葉があります。

お・も・て・な・し…おもてなし(^人^)!

これは日本特有の言葉ですね。

接客業の研修などで教えられるのが、お客様への「気遣い」とか「気働き」

あるいはお客様のニーズを「先読みする」行動なわけです。

先日、お友達とホテルのカフェでお茶をしていた時に、西日がカフェに直接入って来ると…

ホテルの従業員がブラインドを降ろしてくれていました。
また少し時間が経ち、別方向から射してき始めると…またさりげなく、別のブラインドを降ろす。
訓練されていて、お客様に言われる前に行動する気配りができていました。
これは接客業のプロだから当たり前の行動ですよね。

ただし、私たちの普段の生活では客と従業員の関係よりも、友人・嫁姑・親戚などの方がよほど採点は厳しいわけで…(笑)
お金のやりとりが無い間柄では、わざとらしい「気働き」や「気遣い」は逆に鼻に付くかも知れません。
同僚の中でもやり過ぎると「スタンドプレー」と見なされかねませんね。
嫁ならこうしなければ…。
妻ならこうあるべき…。
素敵な人ならこう立ち振る舞う…。
モテる女はこうする。
などと誰かに聞いたり、教えられたりした事を一生懸命にやっても、

それはあくまでも「無理してる」「やらされている」と見えてしまいます。
私が理想とするのは自分の想像力を駆使して、相手が喜んだり助かったりする状態になるように、

ちょっとだけ手を貸すこと。相手が気付かないくらい自然に、そーっとです。

だから、人への気遣いや気配りではなくて、「人から気付かれない」能力かな?


それができると本当の意味で「気がきく」人になれると思うのです。

あれ?じゃ、気付く力じゃなくて、気付かれない力ですね。

避けていませんか?赤ちゃんオーラ!浴びましょうよ

「子どもが欲しい!」

と切実に思っているご夫婦がイメージしている
家族像っどんな感じですか?
今まで夫婦だけの生活が長い場合…
子どもがいる家族のイメージを具体的に描けますか?
何となく可愛い赤ちゃんを間に夫婦仲良く…
こんな感じですか?
でもこれは、赤ちゃんが少し大きくなって、しかもとっても機嫌が良くて、
新米ママも疲れて居ない本当に平和な時の状況ですよね。
生まれて間もないあかちゃんは、夜中だって2~3時間おきにお腹がすくので授乳をしなくてはならないし、
当然オムツが濡れればまた泣くし・・・・・
夜中に泣くと、パパの方も寝不足になって仕事に行くのに寝坊してしまったり、色々と大変なのが事実ですね。
実際には、毎日こんな感じでママは頑張っているんですよね。パパだって最初は大変だと思います。
実際に赤ちゃんに妻を独占されて生まれたばかりの赤ちゃんに焼きもちを焼く父親だっているのです。
それなのにみんななぜ赤ちゃんを欲しがるんでしょう?
それはね、赤ちゃんの笑顔が見たいからなんです!
大変な事は多いけれど、機嫌が良い時に見せるあの「笑顔」が育児の疲れを吹き飛ばしてくれるんです。
あの可愛い声、小さな手、そして天使のスマイル、赤ちゃんを抱っこする時のあの柔らかさや、
匂いは本当に私たちを幸せな気持ちにしてくれるものです。
核家族が増えた昨今、昔の様に弟や妹が生まれて世話をしたり、
結婚する前に赤ちゃんと接する経験をしている人は少ないでしょう。
私は、是非子供を授かる前に赤ちゃんの実態を知って欲しいと思うのです。
世話などが大変だという事と、それを上回る程の赤ちゃんの可愛さを体感して欲しいです。
赤ちゃんは生まれて直ぐはまだ一人で歩くことや、自分の要求を言葉で話すこともできません。
ただ、泣いて知らせるだけです。
すぐお腹がすいて、ミルクを飲むと又すぐオムツを交換したり…
でも母親はどんなに眠くても、「クスン」と子供が泣いたら、目が覚めるのです。母性本能なんですね。
体力の限界、睡眠不足、色々あるけれど、辛い事は全て赤ちゃんの笑顔を見ると忘れられるものです。
なかなか赤ちゃんが身近にいない場合なら、教育テレビの「いないいないばあっ」を見たり、
赤ちゃんが登場する番組や映画を見るのも楽しいですよ。
本能のままに動く赤ちゃんの実態が見ていてとても面白いです。
言う事を聞かないし、行きたい方に行っちゃうし、本能のまま行動する…そこが赤ちゃんなんですけれどね。
※Webからお借りしました
我が家に赤ちゃんがやってくる・・・・
その後の生活を具体的に想像する為にも、機会があれば、是非沢山赤ちゃんのオーラを浴びて
欲しいです。

 

横浜市中区民活動センター広報誌に掲載頂きました 昼活講師ご報告~

去る1月26日に横浜市職員の昼活の講師として講演させていただいた時の報告記事が

「なかぽぽら」という区民活動センターの広報誌に載りました。

横浜市の職員の婦人部の昼活として『終活や片付け」を仕事にも役立つ内容でお話させていただいたのです。

 

お昼の貴重な時間でしたが皆さん熱心に聞いていただきました。

 

普段から、物を増やさないように考えながら買い物したり、片付けたりしていけば、人生の最後に慌てて『生前整理』をしたり、亡くなった後に遺品整理で家族に迷惑をかける心配もありません。

 

ちょっとしたコツを覚えれば、誰でも片付けや物を増やさない買い物のノウハウを身に付けられます。

 

朝活や昼活など、和気あいあいとした雰囲気で「脳を活性化」させながら役立つノウハウを身に付けられればこれは一石二鳥にも三鳥にもなりますね。

 

ご興味を持たれたら是非お気軽にお問合せくださいね

 

子どもは親の鏡ですね。片付け上手は子育て上手!!

赤ちゃんの笑顔ってみんなが癒されますよね💕

どうして赤ちゃんはあんなにニコニコしてくれるのでしょう?

それは赤ちゃんを見つめている側がニコニコしているからかも知れません。
そう、赤ちゃんや子どもって相手の気持ちをストレートに受け取るんですね。
だから、「泣かれちゃうかも」と不安で自信無さげに赤ちゃんを抱っこすると、
やっぱり泣かれちゃうんです(・Д・)
子どもは大人を写す鏡ですね〜〜。
まずは、大人が自信を持つこと。
親が自分を肯定して人生を生きること。
それがそのまま子育てにも、社会全体にも影響してくるのではないかな?と思います。
お部屋の片付けも同じことですね。
お母さんが働きやすいように台所や洗面所、そして赤ちゃんのお世話をするためのオムツやお尻ふきや
下着などなどの道具をきちんと整理整頓できていると、お世話のストレスもぐっと減るでしょう。
お子さんが成長すれば、ますます洋服や道具やおもちゃなど「物」は増えていきます。
子どもの成長期には最小限の数に限定しましょう。あれもこれもと種類を増やすより、
子どもがお気に入りの着やすい服を少数持っていれば十分なのです。
洋服はどんどんリサイクルに出したり年齢の近い親戚や友人のお子さんに譲って、
いつも必要な物だけを手元に置くようにしたいですね。
子どもが自分で整理整頓できるように、まずはお母さんお父さんが片づけやすい工夫をして
親がお手本になりましょう。
片付け上手は子育て上手なんです!
 子育てにも役立つ片付け方など、少人数のお茶会やランチ会で学んでみませんか?
お友達も誘ってお申し込みください。
ご予約お待ちしております
体験した方から変わっています